映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」の主題歌を歌ってます。 看護師・フードアナリストの歌手、朝倉美沙です。 夢に向かって頑張ります(^-^)


by misa-asakura

<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先日、アメリカのカリフォルニアに住む親戚から、大きな贈り物が届きました(^-^)

開けてみてビックリ!! 

 私の大好物の大きな『メロン』がいっぱい入っていました。

 ものすごく甘くて美味しくて、遠いアメリカからこんなに嬉しいプレゼントが届き、感謝の気持ちでいっぱいでした。

アメリカに住む親戚は、父親の姉夫婦で、子供2人(私のいとこ)は、それぞれアメリカ人と結婚しています。

 CDが完成した昨年の12月に、アメリカに『佐賀のがばいばあちゃん』の本と私のCDを送りました。

 伯母が、『ばあちゃん』の歌詞を英訳して、親戚を集めて、みんなでCDを聴いて下さったそうです。

 その時の状況や、皆さんの感想を、伯母が電話で教えてくれました。

 おばあちゃんを思い出して、涙ぐんで聴いていた事や、『いい歌だ!』と言って下さっていた事を聞き、アメリカの方達にも、伝わったんだなぁって嬉しく思いました。

私は、祖母との思い出は、いっぱいありますが、祖父の記憶はありません。

 父側の祖父は、がばいばあちゃんと同じ年に生まれ、太平洋戦争で昭和19年に戦死しました。

その時ちょうど父は5才で、上に3人の兄弟がいました。

 祖母は、結婚前は、学校の先生をしていましたが、軍人の妻となり、戦後は未亡人で、農業をしながら、4人の子供を育てました。

アメリカの伯母も、結婚前は学校の先生をしていましたが、アメリカ・カリフォルニアに嫁ぎ、現在は農園を経営しています。

おばあちゃんと似たような人生だなぁっと思いました。

父の兄は、20代後半に郷里の川で水死し、姉は癌で亡くなり、祖母は、96才で約3年前に亡くなりました。

 思わぬ事故や、病気で亡くなった身内の死を振り返り、改めて、人生一度きり、今を精一杯生きようと思いました。

  祖父の思い出はないけど、祖母の思い出はいっぱいあります。

f0048372_1094683.jpg

 一番思い出に残っているのは、高校3年の時、私の部屋の私のベッドで、足が不自由になった祖母の介護をした時のことです。

 何かお世話をするたびに『みさちゃん、ありがとう。ありがとう。』と、手を合わせながら何度も感謝の言葉を口にしてくれていたおばあちゃんの姿は、今でもはっきり覚えています。

 感謝されることが嬉しくて、こういう仕事に就きたいと思い、看護師を目指しました。

 祖母の介護や、老人病院での看護師歴など、おばあちゃんに導かれた人生で、『ばあちゃん』という歌を歌っている今の自分に、驚いています。

また今までの私の人生全部が、デビュー曲『ばあちゃん』につながっていることにも驚いています。

 先日出会った方に私の人生すべてを話したら、『ばあちゃんの歌を歌う為に、生きてきたような人生だね。一つ一つの積み重ねで今があるのは、本当にすごいことだよ』と言って下さいました。

 その言葉を聞いて、改めて、一つ一つの積み重ねで今があり「無駄なことは一つもない」と思いました。

 人生一度きり、後悔しないように、前向きに頑張ります。

 応援して下さる方が、日本だけじゃなくアメリカにもいることを、本当に有り難く思います。

 これからも応援よろしくお願いします(^ヮ^)/
[PR]
by misa-asakura | 2006-08-31 23:28 | 祖母の思い出
島田洋七さんのベストセラー自伝小説『佐賀のがばいばあちゃん』が、フジテレビでドラマ化されることが正式に発表されました(^-^)
 テレビや新聞で、ご覧になった方もおられると思いますが、がばいばあちゃん役は『泉ピン子さん』、母親役は『石田ゆり子さん』、幼少時代の子役はオーデションで選出されるそうです。

 女優の泉ピン子さんは、『お話を頂いた時、やってみたいより、やってやろうと思いました。すごい人ってたくさんいるけど、このばあちゃんは本当にすごい。どんながばいばあちゃんなのか、皆さん、きっと驚きますよ。』と、やる気をみなぎらせていることが、スポーツ新聞に載っていました。

 メーンロケ地に選ばれたのは、佐賀県武雄市で、すでに武雄市朝日町の淀姫神社付近に『ばあちゃんの家』のセットが建設中で、9月上旬からの撮影に向けて準備が急ピッチで進んでいるようです。
 武雄市も、町づくりに生かすために、今月23日『がばいばあちゃん課』を設置し、武雄の良さを全国にアピールして観光客の増加につなげたいと、熱心に取り組んでいるとの記事が、新聞に載っていました。
 私も来月、撮影現場に行く予定ですが、武雄市に行くのは初めてなので、今から楽しみです(^-^)

放送日は、来年1月、特別番組のゴールデンタイム2時間枠で、視聴率によってはシリーズ化していく予定です。
 『北の国から』に続くような人気ドラマになるといいなぁって願っています。
来年1月の放送日を、楽しみにしていて下さい(^-^)

去年の12月、手売りして周った時は、まだあまり、佐賀のがばいばあちゃんは知られていませんでした。
 しかし、映画が始まり、ドラマ化も発表され、町の人達の反応も少しずつ変わってきました。
 『佐賀のがばいばあちゃん』を知る人が増えてきていることを、実感しています。

 『佐賀のがばいばあちゃん』の小説は、現在180万部を突破し、映画も大ヒット、ドラマも今から話題になり、洋七さんを育てた『がばいばあちゃん』も、きっと天国で喜んでいると思います(^-^)
 『佐賀のがばいばあちゃん』の、本、映画、ドラマ、全部のイメージソングとして作られた『ばあちゃん』の歌が、がばいばあちゃんに届くよう、気持ちを込めて歌い続けていきます。
これからも、この作品でデビューさせて頂けたことに感謝して、頑張りますので応援よろしくお願いします(^-^)

f0048372_1222569.jpg
[PR]
by misa-asakura | 2006-08-26 01:24
九州で『佐賀のがばいばあちゃん』の映画が、夏休み特別アンコールということで、再上映を開始しました(^-^)

期間は短いですが、8月25日(金)まで、九州各地(下記)の映画館で上映中です。
 『佐賀のがばいばあちゃん』の映画を、見逃してしまった方や、もう一度観たいという方は、是非この機会に観て頂きたいです(^-^)。
 一日、2~3回は、下記の映画館で上映しています。
 時間は、電話で確認されて下さいね。

 【福岡の上映場所】

※ユナイテッドシネマ・キャナルシティ13
 TEL:092-272-2222

※Tジョイ・リバーウォーク北九州
 TEL:093-573-1566

※Tジョイ・久留米
 TEL:0942-41-8250

※ユナイテッドシネマ中間16
 TEL:093-245-4600

※東宝シネマズ・トリアス久山
 TEL:092-957-5555

 【佐賀の上映場所】

※佐賀セントラル
 TEL:0952-23-5400

※イオンシネマ佐賀大和
 TEL:0952-64-8787

※ワーナーマイカル上峰
 TEL:0952-52-7211

【大分の上映場所】

※Tジョイ・パークプレイス大分
 TEL:097-528-7678

【熊本の上映場所】

※熊本シネパラダイス
 TEL:096-211-3360

【鹿児島の上映場所】

※鹿児島ミッテ10
 TEL:099-812-6662

以上、11ヶ所の九州各地の映画館で上映中です(^-^)
8月18日(金)の西日本新聞に、上映場所など佐賀のがばいばあちゃん情報が、詳しく載っています。

 ここで一つ、映画の中の、ばあちゃんが叫ぶ感動的な別れのシーンの、撮影現場エピソードを紹介します(^-^)
 ロケ場所には、平日の昼間にもかかわらず、100人を越す地元ギャラリーが取り巻いたそうです。
リハーサルで発せられた、ばあちゃんの大きな声に、なにごとかと、みなさんが飛び出してきて集まった様で、スタッフの『お静かに』のお願いに最初は協力して下さっていたようですが、本番の合図とともに、涙をこらえる声や、鼻を啜る音がし、『みなさん、泣かないで下さい。』と助監督さんもお願いされていたそうです。
 ギャラリーも、もらい泣きした感動のラストシーンを、是非、映画館で観て下さい(^-^)

 がばいばあちゃんの名言…
『人に気づかれないのが、本当の優しさ、本当の親切。』
 『この世の中、拾うもんはあっても捨てるもんはなかとばい。』
 『悲しい話は夜するな。どんなにつらい話も、昼したら大したことない』
 『今のうちに貧乏しとけ。金持ちになったら大変よ。よかもん食べたり、旅行にいったり、忙しか。』
この言葉は、映画にも出てきます。
 きっと、この『佐賀のがばいばあちゃん』を観て頂いたら、たくさんのことが学べると思います。
 素晴らしい作品だと文部科学省も推薦していますし、教育にもいいので、是非、夏休み中のお子さんと一緒に、家族で観て頂きたいです(^-^)/

f0048372_18341360.jpg
[PR]
by misa-asakura | 2006-08-20 11:37
 先日、素晴らしいお誕生日会を開いて頂きました(^-^)

 中学校の恩師、中学・高校の同級生、献血ルームの所長さん、市役所の課長さん、映画館の支配人さん、大野城市の議員さん、私のCDジャケットを担当して下さったデザイナーさん、ファンの方など、たくさんの方にお祝いして頂き、本当に幸せな夜でした。

 用意して下さった誕生日ケーキには、『HAPPY BIRTHDAY』『朝倉美沙』『ばあちゃん』の文字の真ん中に、大きく『夢』と書いてあり、そのケーキの文字に感動しました。

f0048372_9394897.jpg


 皆さんが歌って下さった、ハッピーバースデーの歌や、ロウソクの火を吹き消した時の『おめでとう!』の拍手など、すべてに感激し、皆さんに支えられて生きていることを実感しました。

 今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

 お礼の気持ちも込めて、ドレスに着替えて3曲披露したら、すごく喜んで下さって、改めて、歌手になって良かったなぁと感じました。

f0048372_940030.jpg


 一生の思い出に残る素敵な誕生日を、ありがとうございました。

 誕生日会の会場は、地元・大野城市の『とんがらし』というカラオケ付きのもつ鍋屋さんでした。

 とんがらしは、セミプロ活動の頃から、とてもお世話になっているお店です。

 看護師を休職した頃、この店で、筑紫野市の議員さんに出会い、敬老会のゲストに使って頂いたり、ママさんが通う書道教室の記念パーティのゲストで、歌わせて頂いたこともありました。

 また、CDが完成し3千枚手売りの旅がスタートした去年の12月7日や、全国発売日の4月26日も、祝賀会をして頂き、有り難い思い出がいっぱいです。

 誕生日会に出席して下さった方達も、とんがらしを、とてもいい店だと喜んで下さっていたので、誕生日会場に選んで良かったなぁって思いました(^-^)

 ママさんや、常連客の皆さんが、すごく応援して下さって、いつも温かく迎えて下さるので、福岡にもう一つ帰る場所があることが、とても有り難いです。

 店内やトイレには、私の手作りチラシがいっぱい貼ってあります。

 もつ鍋やカモ鍋がとっても美味しいので、福岡に来られたら、是非、大野城市東大利1丁目の『とんがらし』に行ってみて下さい(^-^)

 太宰府インター降りて10分以内です。

 それと、先日、大野城サティのワーナーマイカルシネマズ映画館の支配人さんが、私が東京に行っている間の、映画館の出来事を教えて下さいました。

 以前、佐賀のがばいばあちゃんの上映期間中に、ショーウィンドーに展示して下さっていた私のサイン入りCDを、『どうか買わせて下さい』と、男性がお願いに来られたことや、テレビを見た方が『朝倉美沙さんには、いつ行けば会えるか?』など、問い合わせが、何件もあった事を知り、反響に驚きました。


 あのサイン入りCDは、展示用の非売品でしたので、販売できなくてすみませんでした。

欲しいと思って下さって、本当に嬉かったです。

たくさんの方達に支えられていることを忘れずに、すべてに感謝しながら生きようと思います。

これからも応援よろしくお願いします(^-^)/
[PR]
by misa-asakura | 2006-08-16 05:45 | お誕生日
先日、台風の影響もなく福岡に帰ってきました(^-^)
自宅に帰ってすぐ、私宛に届いている郵便物を見たら、以前私が長崎でトーク&ミニコンサートをさせて頂いた大学の医学部から封筒が届いていました。
 中には、私の講演を聞いて下さった新入生の皆さんのアンケート資料が入っていて、私の話と歌の感想が書かれてあり、たくさんの有り難い言葉に、読みながら泣いてしまいました。
私にとって1時間半のトークは初めてだったので、約200人の新入生の方達にちゃんと伝わったか不安でしたが、アンケートのおかげで、夢を持つこと、出会いを大切にすることが、ちゃんと皆さんに伝わっていたことが分かり、本当に嬉しかったです。
 今の私にとって、皆さんの評価して下さる言葉は、すごく自信につながるし、読むたびに励まされます。
 何十年後もきっと、このアンケート資料を見るたびに「人生に必要なことは、出会いを大切にすること、夢を諦めないこと」このテーマで講演をしたトーク&ミニコンサートを懐かしく思いだすと思います。
 一生の思い出を、資料にまとめて下さった医学部の職員さんには、本当に感謝しています。
 ありがとうございました。

今日は、私にとって20代最後の日です(*^_^*)
 8月12日が私の誕生日で、ちょうど2年前の今ごろ、人生このままでいいのかなぁと真剣に考え、看護師を休職しました。
 安定していた看護師を辞めるのは勇気がいりましたが、子供の頃からの歌手の夢に未練があったので、後悔しないように、とりあえず20代の残り2年は好きなことをしよう、歌手を目指そうと決意し、看護師を休職した時を懐かしく思い出しました。
 セミプロでもいいから2年間は歌って周ろうと、自分で営業して、歌うことを楽しみながら旅をしていたら、広島で島田洋七さんに出会い、「ばあちゃん」の歌で夢が叶い、出会いによって人生は変わる、本当にその通りだと思いました。
 今日で20代の2年は終わってしまいますが、まだまだ夢があるので実現させる為に頑張ろうと思います。
 「ばあちゃん」の歌を広めることが私の夢ですが、理想は、日本全国の一家に一枚、ばあちゃんのCDがあり、時々聴いてリラックスして頂きたい、そして、子供もお年寄りもみんなが口ずさむぐらい「ばあちゃん」の歌を浸透させたい、これが私の理想です(^-^)
何年かかってでも、いつか実現させたいなぁって夢を描いています。
今、私のCDは4千枚ほど、いき渡っています。
アメリカのカルフォルニアの親戚も、時々私のCDを皆さんで聴いてくれてるそうです。
これからも、もっともっと多くの方に、知って頂けるよう頑張ります。
 20代最後の今日は、明日の誕生日よりも私にとって大切な日です。
看護学校時代に20才を迎え、救急病院5年、老人病院3年半勤務し、歌手をとして30才を迎える今、20代を振り返ると、10年間あっという間だったなぁって思います。
 8月12日はお盆で忙しい時期なので、去年は一人ぼっちの誕生日でした。
今年は、歌手として初めて迎える誕生日で、20代最後の今日、前夜祭からお祝いして頂くことになり、本当に感謝しています。
今日も素晴らしい日になりますように。
 もっともっと自分を磨いて、30代になっても、いつまでも20代に見える、若い歌手を目指して頑張ろうと思います。
 これからも、朝倉美沙を応援よろしくお願いします(^-^)/
[PR]
by misa-asakura | 2006-08-11 17:33
昨日は駅から自宅までの帰り道、地区のお祭りが行われていました。
去年も同じように、お祭りの中を通って帰りましたが、去年は知り合いがあまりいなかったけど、今年はたくさんの方が声をかけて下さって、この一年でこの町にも、だいぶ馴染んできたなぁと思いました。
お祭りで会った人達には、しばらく九州で過ごすことを伝えました。
 『また東京にきたら顔出してね。気をつけて帰りなよ。』と皆さん優しく言って下さって、温かい気持ちになりました。
 東京でも待っていて下さる方達がいることを実感できて、嬉しかったです。

途中コンビニに寄ったら、ビジネスジャンプがあり、表紙に「佐賀のがばいばあちゃん」の漫画化の『がばい』が載っていて、まだ連載されていることを知り、久しぶりに読みました。
最後のページの『島田洋七のがばい外伝』を見たら、「佐賀のがばいばあちゃん」映画情報がいっぱい書かれてあり、洋七さんから話しは聞いていましたが、文章を読んで改めて、すごいなぁと思いました。

映画が全国公開して、もう2ヶ月以上たちますが、いまだ全国30館程の映画館で、ロングラン上映中です。
 単館拡大系作品としては、今年のベスト3に入る興行成績を上げているそうです。
 本がベストセラーになった台湾でも、秋には映画公開が決定しています。
韓国、インドネシアあたりも、映画公開に興味もたれてるようで、アジアで人気爆発の兆しです(^-^)

先日、行われた『第9回上海国際映画祭』の、特別招待作品としての公開でも、佐賀のがばいばあちゃんは大好評だったようです。
出席された監督の倉内さんが、『とにかく観客の反応には驚いた。笑うところは笑い、泣くところは泣いてくれました。作品的にも高い評価を受けましたよ。』と、映画祭のことが書かれてあり、上海での反応の良さがすごく伝わってきて嬉しかったです(^-^)

  映画は男性バージョンなので、私の歌は流れないけど、同じ「ばあちゃん」の歌を、世界の方達も聴いて下さってるんだなぁって嬉しく思いました。
 そして改めて、こんなにすごい作品のイメージソングを歌わせて頂けたことを、感謝しました。

『ばあちゃん』の歌は、原作者の島田洋七さん作詞で、「生きてることの素晴らしさ」や「人は一生夢を抱け」というがばいばあちゃんからの教えと、おばあちゃんへの感謝の気持ちが、いっぱい込められています。
 この『ばあちゃん』の歌を、名曲にできるよう頑張りますので、B&Bレコードの朝倉美沙を、これからも応援よろしくお願いします(^-^)/

f0048372_1112166.jpg
[PR]
by misa-asakura | 2006-08-06 19:28
先日、新宿紀伊国屋の隣りに、献血ルームがあることを知り、31回目の献血をしに行きました(^-^)
 いつも問診の血圧測定は、ドキドキします。
 以前何度か、血圧の上の値が80台の時があり、『90以上じゃないと献血はできません』と断られたことがあったので、「90以上ありますように」と願いながら測定しました。
 結果は、112/60の値で、献血OKでホッとしました(*^_^*)
 問診のドクターが、話しやすい方だったので、隣りの紀伊国屋2階でCD発売中のことと、ランキングにも入っていることを伝えたら、「歌手ですか!」と驚かれて、検査で採血された看護師さんも、献血担当の看護師さんも、皆さん応援して下さって嬉しかったです(^-^)

 献血中、看護師さんが『この方、歌手なのよ』と、渡していたチラシを、隣りの看護師さんに見せて下さって『佐賀のがばいばあちゃんの本は知ってますよ。腹減った~気のせいや!っておばあちゃんの話で面白いのよ。』と、隣りで献血されていた方にも、チラシを見せて宣伝して下さいました。
 人から人へと、自分のことを知って頂けて、宣伝協力、本当に有り難かったです(^-^)

 献血後は、隣りの新宿紀伊国屋ミュージックテイトに寄って帰りました。
 癒しの音楽コーナーや、演歌ではないけど年配者にも見てもらうように歌謡曲のコーナーなど、色々なコーナーに置いて販売して下さっていました。
 先日ランクインしていたのは、歌謡曲5位だけでしたが、総合売り上げランキングにも『10位』に、宇多田ヒカルさんや、平原綾香さんに並んでランクインしていて、すごく嬉しかったです(^-^)

 新宿東口は、道路を通行止めにして『2006新宿エイサー祭り』があっていました。
 沖縄の方達が、太鼓を叩きながら踊るお祭りで、いつも以上の人の多さに驚きました。
 私も、そのお祭りを見ていたら、後ろから『泥棒~!捕まえて!かばん返して!』という叫び声が聞こえてきて、振り返ったら、人込みの中をすごいスピードで走り抜けていく中年の男性がいました。
 人が多かったので、すぐに見失いましたが、初めてひったくりの場面を見て驚きました。
 他にも、殴り合いの喧嘩をしてる若者たちや、泣いている子供に、すれ違いながら「うるせー!黙れ!」と怒鳴りつける男性など、いろんなシーンを見て、新宿は怖い町だなぁっと改めて思いました(^_^;)
悪い人ばかりじゃないとは思いますが、宮崎や福岡では、あまりそういうシーンを見てこなかったので、都会はいろんなことがあり、新鮮でした(*^_^*)

お盆からは九州で過ごします。
 本籍地の鹿児島にお墓参りに行きたいし、福岡の家族や仲間に会えるのが楽しみです。
 元々九州拠点の活動だから、すぐ戻るつもりでしたが、映画を理由に1ヶ月以上も東京で過ごしてしまい、私としては大満足でした(*^_^*)

 銀座シネパトスの『佐賀のがばいばあちゃん』の上映期間は、8月4日までの予定でしたが、11日までに延びて、今は午前中2回上映しています。
 12日以降は、まだ未定だそうです。
 映画が終わったとしても、佐賀のがばいばあちゃんは、まだまだ色々と続いて行くので、楽しみにしていて下さい(^-^)/
今はまだ言えないことがいっぱいで申し訳ないてすが、決定してからきちんと報告します。
これからも、夢を諦めずに前向きに頑張りますので、応援よろしくお願いします(^-^)/

f0048372_0321294.jpgf0048372_019553.jpg
[PR]
by misa-asakura | 2006-08-02 14:19