映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」の主題歌を歌ってます。 看護師・フードアナリストの歌手、朝倉美沙です。 夢に向かって頑張ります(^-^)


by misa-asakura

<   2007年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧


 第一興商の課長さんから、昨日行われた会議の結果を教えて頂きました(^-^)

 カラオケDAMに入るかどうか審査された曲は、約300曲だったそうです。

 そのうちリクエストの多かった180曲が選ばれたそうですが、今回は、私の『佐賀のがばいばあちゃん』のイメージソング『ばあちゃん』は選ばれませんでした(^_^?)

 私は2ヶ月に一回、会議が行われると思っていたのですが、1ヶ月に2回も審査会議が行われるそうです。

 3月に行われる次回の会議でも、私の朝倉美沙のCDをまた押して下さると言って下さり、課長さんのお陰で、未来に希望が持てました(^-^)

 資料を持って行ってすぐに、会議に提出して頂けたことは、本当に感謝しています。

 リクエストして下さった方も、ありがとうございました。

 これからリクエストをして下さる方は、記録にも残りますので、是非ハガキやメールでお願いします(^-^)/

 『ホームページのリクエストの仕方が分からない』と質問して下さった方もいたので、尋ねたところ、『clubDAMの中に、リクエストをするコーナーがある』と教えて下さいました。

http://www.dkkaraoke.co.jp/

 探して、リクエストお願いします\(^o^)/


 そして、ご覧になった方もおられると思いますが、今朝放送された、テレビ朝日『スーパーモーニング』に、島田洋七さんが生出演されました。

 新聞にも『洋七VS鳥越ナマ対談゛がばいばあちゃん″人気の深層』と書いてありましたね。

 がばいばあちゃんの言葉も紹介され、朝から前向きな気持ちになりました。

 鳥越さんが好きながばいばあちゃんの言葉は、
『悲しい話は夜するな!つらい話も昼にすれば何ということもない』だそうです。

 「本当にその通り、これは名言だ!」と、おっしゃっておられ、嬉しく思いました。

 がばいばあちゃんみたいに、明るく前向きに生きましょう\(^o^)/
f0048372_13485935.jpg
f0048372_13485069.jpg

[PR]
by misa-asakura | 2007-02-28 12:07

 先日、大崎駅で素敵なおばあちゃんに出会いました(^-^)

 第一興商に資料をお届けした帰り、大崎駅に向かって歩いていたら、遠くに、ベンチに座ったおばあちゃんがこっちを見ておられ、私はその方向だったので、お互い見つめあいながら近付いていきました。

 前を通り過ぎる時も、笑顔で見つめて下さっていたので、挨拶をすると、『あなた可愛いわね…』と話しかけて下さいました(*^_^*)

 私は嬉しくて、お礼を伝えると、おばあちゃんは、自ら自己紹介をして下さいました。

 『今年80才になるのよ。息子と二人暮らしで、息子は親孝行なの。私が歌が大好きだから、休みの日は、カラオケに連れて行ってくれるのよ。今から行くんだけど、一緒に行かない?お友達になりましょう…』と誘って下さいました。

 見ず知らずの私を誘って下さるなんて、なんて気さくなおばあちゃんなんだ、と私は、ちょっと感動してしまいました。

 おばあちゃんの魅力に引き込まれ、この出会いも何かご縁だなぁと思い、『じゃあ、少しだけ…』とご一緒させて頂きました(*^_^*)

 おばあちゃんは、美空ひばりさんが大好きで、何曲も歌われていました。

 歌ってる姿がとても可愛くて、見ているだけで幸せを感じました。

 私も一曲歌わせて頂くと、おばあちゃんと息子さんは驚いて下さり、『佐賀のがばいばあちゃん』のイメージソングを歌っている歌手だと伝えると、更に驚かれていました(*^_^*)

 私も、驚いたのですが、お二人は、タレントの萩本欽一さんのご親戚でした。

 お互い驚きながら、記念撮影をし、帰りは、大崎駅まで見送って下さいました。

 初めて行った大崎駅で、素敵な親子に出会えて本当に嬉しかったです。

 ドラマみたいな出会いに感謝しています\(^o^)/

f0048372_1673925.jpg

f0048372_1675230.jpg

[PR]
by misa-asakura | 2007-02-27 12:08
 先日、演歌虫通信の編集長・亜島圭二さんから、カラオケDAM『第一興商』の電話番号と住所を教えて頂いたので、先週の金曜日、電話をかけてみました。

 電話で自己紹介し、資料とCDを持って伺ってもよいか尋ねると、翌日時間を作って下さって、会社にご挨拶に行ってきました(^-^)

 場所は、山手線の大崎駅を降りて徒歩10分以内と、電話で教えて頂いていたので、初めての大崎駅にわくわくしながら行きました。

 電話で対応して下さった方は、課長さんでした。

 とても話しやすい方で、沢山お話ししていたら、偶然にも、奥様が私と同じ元看護師さんで、共通点を嬉しく思いました。

 カラオケに入るまでの流れや、リクエストの仕方などを、丁寧に教えて下さいました。

 リクエストの仕方は、第一興商に、電話でリクエストをするか、ホームページの

http://www.dkkaraoke.co.jp/

にメールでリクエストする方法があることを、教えて下さいました。

 ちょうどタイミングよく、二か月に一回の会議が、明日(2月27日・火曜日)に行われるとの事です。

 朝倉美沙の『佐賀のがばいばあちゃん』イメージソング『ばあちゃん』含む3曲入りCDを、明日の会議に提出して下さるそうです。

 『会議には、ものすごく沢山の曲が審査されるから、難しいかもしれませんが、リクエストが沢山あると、可能性は出てきます』と教えて下さいました。

 奇跡が起きるといいなぁと願っています(*^_^*)

 カラオケDAMに、私の歌が入る事を願って下さっている方、どうかリクエストよろしくお願いします\(^o^)/

 ハガキや手紙でのリクエストもOKだそうです。

 住所はこちらです(^-^)↓↓

 〒141-0022
東京都品川区東五反田2-5-10 DK第2ビル
 株式会社 第一興商


 カラオケ審査の合格・不合格は、明日には結果が分かるので、結果発表がドキドキです(*^_^*)

 たとえ駄目でも、知って頂けた事に感謝して、これからも思いたったら行動に移して、営業頑張ります\(^o^)/
[PR]
by misa-asakura | 2007-02-26 10:08
 昨日は、久しぶりに渋谷に行きました(^-^)

 以前から応援して下さっているお店『黒瀬』に挨拶に伺うと、偶然その日は、店長さんのお誕生日でした。

 大したお祝いはできなかったけど、店長さんは何度も「来てくれただけで嬉しいから…」と、鹿児島弁で言って下さって、同じ本籍地の店長さんに東京で出会えて、本当に良かったなぁっと改めて思いました。

 店内には、業界の方が数人おられ、自分の事を知って頂けて、嬉しかったです(^-^)


 スペイン料理店『ラ・プラーヤ』の、オーナーシェフも来られ、私は以前、シェフのお店が紹介された番組を、何度か見ていたので、「有名なスペイン料理店のオーナーシェフにもお会いできるなんて、今日は本当にいい日だなぁ~」と嬉しく思いました(*^_^*)

 黒瀬の店長さんが、『島田洋七さんのプロデュースで、佐賀のがばいばあちゃんのイメージソングを歌っている、朝倉美沙ちゃんだよ』と紹介して下さいました。

 シェフは、その言葉に驚きながら、『僕は、20年以上前だけど、島田洋七さんのマネージャーをしていた事があるんだよ』と教えて下さって、私はその過去に驚きました!!

 洋七さんが、お母さんと一緒に出演されていた番組の話など、いろいろ教えて下さって『母親を大切にする洋七さんは、本当に素晴らしい人間だよ。君が尊敬するのは分かる。』と言って下さり、その言葉に感動しました。

 シェフも、この偶然の出会いを喜んで下さって、CDを買って応援して下さり、感謝の気持ちでいっぱいでした。

 人気のスペイン料理店『ラ・プラーヤ』に、いつか行ってみようと思います(^-^)

 こういう出会いがあるから、毎日楽しいです。

 渋谷で出会った皆さん、本当にありがとうございました\(^o^)/

f0048372_19162957.jpg

[PR]
by misa-asakura | 2007-02-24 23:50
f0048372_1532573.jpg

 数ヶ月前、私のCDを買って下さった方が、3曲とも気に入って下さって『経営しているお店で販売します』と、サイン入りCDを、何枚も追加注文して下さいました。

 私はそれだけでも、有り難い気持ちでいっぱいでしたが、その後、その方から、一通のA4サイズの封筒が届きました。

 『何かなぁ?』と思いながら、中を覗くと、私のサイン入りCDを販売する為のチラシを、パソコンで作って下さっていて、ラミネートされたそのチラシが何枚も入っていました。

 すごくバランスがよく、綺麗に作られていて、お仕事忙しいのに、わざわざ作って下さったんだなぁって、涙ぐんでしまいました。

 そのチラシには、

 島田洋七プロデュース
 『佐賀のがばいばあちゃん』イメージソングCD
 『ばあちゃん』
 歌手 『朝倉美沙』 

 朝倉美沙さんの、直筆サイン入りCDです!
 限定品です!是非お求め下さい!

 B&Bレコード 定価1、200円


 …の文字と、ジャケット写真を載せて下さっていました。

 お店の名前などは、入っていないので、どこでも使えるように、考えて作って下さったことにも、感謝しました。


 その後、あのチラシはとても役立っています。

 『あのチラシを見て、買われるお客さんもいますよ』と、店長さんの言葉を聞くたびに、作って下さったお陰だなぁ、と有り難い気持ちになります。

 皆さんに支えられて生きていることを、改めて実感しました。

 実は、まだ、その方とはお会いしたことがないのですが、佐賀県武雄市を代表して、一生懸命応援して下さっています。 

 恩返しできるように、これからも頑張ります。

 支えて下さる各地の皆さん、これからも応援よろしくお願いします\(^o^)/
[PR]
by misa-asakura | 2007-02-23 20:16

 そのまんま東さん(東国原氏)が、宮崎県知事に当選された1月下旬から、現在も、宮崎県が頻繁にテレビで映り、私は、そのたびに、宮崎で育った頃を懐かしく想い出します(^-^)

 ご存じの方もおられると思いますが、私は父の仕事の関係で、幼い頃から引っ越し続きでした。

 小学校は3校に通い、小学5年の夏からは、宮崎県串間市の学校に通いました。

 1学年に1クラスしかない小さな学校でしたが、担任の先生が、本当に尊敬できるいい先生だったので、授業も楽しく、友達との思い出もいっぱいです(^-^)


 宮崎で最初に驚いたのは、『挨拶』でした。

 知らない人でも、すれ違うと、挨拶をしてくれるのです。

 転校前の福岡では、知らない人と、歩きながら挨拶を交わす事は、ありませんでしたが、宮崎では、知らない人が当たり前のように、挨拶をしてくれました。

 宮崎弁は語尾が上がるので、挨拶だけでも、とても癒されるんですよ(*^_^*)

 そのお陰で、転校の不安も減り、すぐに宮崎にとけ込めました。

 たとえ知らない人でも、出会ったら挨拶をすることを、私は宮崎で学びました。


 そして、中学時代、福岡に転校になり、私は宮崎で学んだ挨拶を、福岡で実践しました。

 登校途中、すれ違った年配の女性に、挨拶をしたら「え!?知り合い?」と驚かれ、私は心の中で「知り合いじゃないと挨拶しちゃいけないの?なんで県によって違うのだろう」と疑問に思っていました。


 県知事さんが「宮崎は素晴らしい街だと、みんなに知ってもらいたい」と言われていましたが、私も同じ気持ちです。

 宮崎は気持ちの温かい人が、たくさんいる街です。

 宮崎で育ったから、今の私がある、挨拶を交わして下さった宮崎の皆さんには、本当に感謝しています。

 『佐賀のがばいばあちゃん』のイメージソングを歌う『朝倉美沙』を、宮崎県の皆さんにも、もっと知って頂けるよう頑張ります\(^o^)/
f0048372_12405917.jpg

[PR]
by misa-asakura | 2007-02-22 18:46
 昨夜は、赤坂プリンスホテルで「藍授褒章受章を祝う会」が行われ、私も出席させて頂きました(^-^)

 以前の記事にも載せていますが、主賓の親戚は、国士館大学・体育学部の教授で、日本の体育界に貢献したことが認められ、天皇陛下から藍授褒章を授与されました。

 この祝賀会に、全国各地から沢山の方が来られることを聞いていたので、私はワクワクした気持ちで会場に向かいました(^-^)

 受付で頂いたパンフレットには、親戚のこれまでの功績が沢山書いてあり、改めて驚きました。

 最初のスタートは、昭和50年に西ベルリンで行われた、新体操大会の監督として、初参加で最優秀チームに導いたことが書いてあり、約30年も前から、実績を作り出していたのだなぁと感心しました。

 その他、海外での大会に監督として33回出場、シドニーオリンピックでも、高成績を残しています。

 この略歴を見て、同じ血の通っている親戚に、コツコツを達成させた人がいると思うと、自分も成功できるような、そんな自信が持てました(*^_^*)


 二次会は、国士館大学の教え子の方達が主催で、赤坂のお店で行われ、主賓のお誘いにより、私も参加させて頂きました。

 参加者は、小学校の校長先生や、ろう学校の副校長先生など、すごい方達の集まりでした。

 CDを買いたいと求めて下さった、小学校の校長先生が、
「いい歌だったので、昼食時や昼休みの時間に、CDを一斉放送で校内に流します」と、連絡を下さり、感謝の気持ちでいっぱいでした。

 主賓ご夫妻のおかげで、たくさんの出会いがあり、本当に感謝しています。

 また一つ東京の素敵な思い出が増えました。

 ありがとうございました\(^o^)/

f0048372_1732558.jpg
f0048372_17315293.jpg

[PR]
by misa-asakura | 2007-02-21 16:47
 昨日は、中野ブロードウェイの2階にある『中野名曲堂』レコード店に、ご挨拶に行きました(^-^)

 小さいレコード店ですが、北島三郎さんも支援されている中野では有名なレコード店なんです。

 私の歌は、演歌ではないけど、サイン入りCDを販売して下さっています。

 お店に着くと店長さんが「結構売れてますよ~」と教えて下さって、驚きながら、ランキングを見に行くと、なんと『1位』にランクインしていました!!\(^o^)/


 このレコード店に出会えたのは、高齢者会館で出会ったカラオケ教室の先生のお陰なんです。

 ミニコンサートの私の歌を聞いて、応援して下さって、その日に『亜島圭二さん』という方を紹介して下さいました。

 元演歌歌手で、作詞家、イラストレーター、舞台演出などもされている方です。

 その場で、私のCDを聴いて頂いたら、
『3曲とも、すごくいいね!これは売れる!私の予言は当たるんですよ!
中野名曲堂レコード店の、店長の名は、あなたと同じ朝倉だから、絶対販売してくれるはず!
よし!今から行こう!」と、連れて行って下さいました(*^_^*)

 試聴機にも入れて、コーナーで販売して下さることになり、その後伺うと、予言通りランクイン。

 あの時のボランティア活動が、こんなに嬉しい結果につながるなんて、心から感謝しました。


 中野ブロードウェイに行かれた方は、是非、2階の中野名曲堂に、寄ってみて下さい(^-^)

 朝倉美沙の『佐賀のがばいばあちゃん』イメージソング、サイン入り&メッセージ付きCDを販売しています。

 亜島さんが編集されている音楽情報誌『演歌虫通信』も、是非見て下さい♪

 人気歌手、話題歌手の取材などが掲載されています。


 『成功をイメージさせると、必ずその通りになる』と亜島さんが教えて下さいました。

 成功をイメージさせて、夢を実現できるよう、頑張ります\(^o^)/

f0048372_15472546.jpg
f0048372_15473615.jpg

[PR]
by misa-asakura | 2007-02-20 14:13
 お正月に放送された新春ドラマ『佐賀のがばいばあちゃん』が、国際エミー賞にエントリーされることが、2月16日に決まりました(^o^)/

 国際エミー賞とは、米国テレビ芸術科学アカデミーが主催で、米国以外のテレビ番組が対象で、世界の優れた番組に贈られる賞です。

 1949年から開始され、受賞作品は、アジアやヨーロッパなど、世界各国で放映されるケースが多いそうです。

 選ばれたら、世界中に放映されるなんて、本当にすごいことですね(^-^)


 国内からは、各放送局がそれぞれに出品しますが、フジテレビからは、『佐賀のがばいばあちゃん』と、『硫黄島ー戦場の郵便配達』『のだめカンタービレ』の3作に決まったそうです。

 『佐賀のがばいばあちゃん』のメーンロケ地は、佐賀県武雄市でしたね。

 『硫黄島ー戦場の郵便配達』は、佐賀県唐津市出身の海軍小将・市丸利之助らの姿を、描いている作品だそうです。

 『のだめカンタービレ』は、佐賀県東与賀町などでロケが行われたらしく、それぞれ、佐賀県に関係のある作品の出品ということで、どれが選ばれても佐賀が注目されることは、九州人として嬉しく思います(^-^)


 映画『佐賀のがばいばあちゃん』は、ドイツ・ベルリン国際映画祭で受賞し、本も台湾などアジアで大ヒット、ドラマも世界進出エントリーされ、本当にすごいことだと思いました。

 この作品のイメージソング『ばあちゃん』を、歌わせて頂けていることに、改めて感謝し、早くヒットさせなきゃと、いつもながら焦ってしまっています(*^_^*)

 焦っても仕方のない事ですが、これからも前向きにコツコツ頑張りますので、皆さん、応援よろしくお願いします\(^o^)/
f0048372_10302720.jpg

[PR]
by misa-asakura | 2007-02-19 09:49
 SMAPの香取慎吾さんの生放送番組・スマステーション「がばいばあちゃん特集」を、ご覧になられましたか?(^-^)

 今回の第二弾も、がばいばあちゃんの言葉から、いっぱい学びました。

 今回は、高校進学から先のお話でした。

 高校時代、野球を怪我で断念した時も、漫才で挫折した時も、がばいばあちゃんの言葉のおかげで、乗り越えられたそうです。

 『人間は、死ぬまで夢を持て。叶わなくても所詮夢だけん』

 『今は辛くても、頂上についたら、きっと真っ青な海が見られるばい』

 がばいばあちゃんの言葉は、頑張ろうってやる気がわいてきますね(^-^)


 『人生は好きに生きないとダメ。自分の人生だから』

 『コツコツやってもなぁと思う前に、コツコツやれ。コツコツの先には、成功があるばい』

 本当にその通りだと思いました。


 漫才ブームが終わって、洋七さんが悩んでる時に、がばいばあちゃんが言われた言葉も、ジーンときました…

『山あり谷ありって言葉の、本当の意味を知っとるか?
頂上で記念写真を撮ったら、降りてきんしゃい。
山はずっといるところじゃなか。
家も川も、みんな谷にあると。
冷たか水飲んで、もう一度、山に挑戦しんしゃい』…

 がばいばあちゃんならではの、すごい発想だなぁと思いました。

 頂上に上がるのが夢だけど、山に上がったら降りるだけ、谷があることの大切さを、がばいばあちゃんから教えてもらいました。

 デビューしてまだ一年未満、今は貧乏で谷だけど、谷を楽しんで前向きに生きようと思います(^-^)


 島田洋七さんが作詞された「佐賀のがばいばあちゃん」のイメージソング『ばあちゃん』と、『朝倉美沙』を、もっと多くの人に知ってもらえるよう、夢を持って頑張ります。

 皆さん、がばいばあちゃんみたいに、人生明るく生きましょうね\(^o^)/
f0048372_10283943.jpg

f0048372_1028503.jpg

[PR]
by misa-asakura | 2007-02-18 07:56