映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」の主題歌を歌ってます。 看護師・フードアナリストの歌手、朝倉美沙です。 夢に向かって頑張ります(^-^)


by misa-asakura

『佐賀のがばいばあちゃん』の試写会で佐賀へ(^-^)

 昨日は『佐賀のがばいばあちゃん』の映画試写会に洋七さんが呼んで下さって、佐賀市文化会館に行ってきました(^-^)
 映画製作に協力して下さった方達、及び関係者の試写会に、私も呼んで下さって本当に嬉しかったです。
 主題歌『ばあちゃん』を作曲し、映画の主題歌を歌われているRYOEIさんにも、久しぶりにお会いし、一緒に映画を鑑賞させて頂きました。
試写会の前に、原作者の島田洋七さんと、映画監督の倉内均さんの挨拶があり、洋七さんが『監督さんやご支援下さったみなさんのおかげで、期待どおりの映画になってくれました。本当にありがとうございました!!』とすごく感謝されていて、映画を見る前からジーンときました。
 映画が始まり、お母さんとのお別れのシーンから涙ぐんでしまい、途中のがばいばあちゃんの言葉は面白くて、笑いあり涙ありで、本当に感動しました。
 最後に、RYOEIさんが歌う主題歌『ばあちゃん』が流れたら、尚更ジーンときて、がばいおばあちゃんとのお別れのシーンなどを思い出し、涙がとまりませんでした。
 会場からも、すすり泣く声が何度も聞こえてきて、この作品の素晴らしさを実感しました。

 日本では文部科学省4部門(少年部、青年部、成人部、一般部)全ての部門の選定が決まり、香港でも認められて、香港映画祭に、洋七さん達が出席される予定です。
 香港映画祭から声がかかったのは、日本の作品では初めてだそうです。
 『佐賀のがばいばあちゃん』の素晴らしさは、きっと香港だけじゃなく、世界中の人達に伝わると思います。日本の皆さんにも、自信を持ってお薦めします。
 全国ロードショーは6月上旬、九州は4月22日から先行公開です。まだ先ですが、楽しみにしていて下さい(^-^)/
 パソコンをお持ちの方は→ http://www.gabai-baachan.com/ を覗いて見て下さい。映画のホームページです。

 試写会の後は、東京から来られていた『佐賀のがばいばあちゃん』の本を担当された徳間書店の方達と、一緒にお食事させて頂きました。映画の感想を、みなさんで語り合いながら、楽しくお食事する事ができ、嬉しかったです。
 徳間書店の方が、先日東京で行われた、映画製作発表の記者会見の時にしか手に入らない、映画のパンフレットをプレゼントして下さって、CDも買って下さって本当に有り難かったです。いい方達に出会えて本当に良かったなぁって、出会いに感謝しました。

 今日、映画のシーンを思い浮かべながら『ばあちゃん』を歌ったら、涙ぐんで、前以上に気持ちを込めて歌えました。試写会に呼んで下さった洋七さんのおかげです。
 『佐賀のがばいばあちゃん』の映画を見て改めて、こんな素晴らしい作品のイメージソングでデビューさせて頂ける事に、感謝し、気合い入れて頑張ろうってやる気が増しました。
 これからも『佐賀のがばいばあちゃん』の素晴らしさと、『ばあちゃん』の歌を、世界中の人達に知って頂けるよう、歌に込めて頑張りますので、応援よろしくお願いします(^-^)/

f0048372_1042318.jpgf0048372_1044038.jpg
[PR]
by misa-asakura | 2006-03-14 23:02